お知らせ
ハンバーガーを食べる男性

100年以上の歴史を持っている海外の製薬会社が開発した肥満治療薬として、ゼニカルというものがあります。
ゼニカルは現在では世界中の17か国で使用されている、経口内服型の医薬品です。
ゼニカルを服用することによって、食事に含まれている脂質について大きく吸収を阻害することが可能になります。
なので、食事制限などのようなストレスを過度に感じるダイエット方法とは異なる、食事を摂取しながらカロリーセーブができるダイエット医薬品と言えます。
このゼニカルはダイエットピルと呼ばれるものの一つです。

ゼニカルの服用は重度の肥満患者をはじめとして、脂質の吸収を阻害する面において高い効果を発揮することや、安全性が確保されていることが立証されています。
他のダイエット方法を試したにも関わらず挫折してしまっている人の、新しいダイエット方法として注目されています。

肥満を防止するものとしてはサプリメントも存在していますが、サプリメントは神経への作用を促す効果のあるもので、服用を止めてしまったときにリバウンドしてしまう危険性が残るものです。
しかし、ゼニカルは服用を継続することで体質の変化を促せますので、一定期間の服用をした後に服用を止めてもリバウンドしてしまう心配は要りません。
過去に運動をしたり、食事制限をするなどの肥満体質を改善しようとした方法に挫折した経験のある人の場合には、試してみる価値の高い医薬品と言えます。

ゼニカルに含まれている主成分はオーリスタットと呼ばれる成分で、食事を摂取することによる脂質を分解する役割を果たしているリパーゼ酵素の働きを阻害することができます。
オーリスタットによる作用でリパーゼ酵素の働きを止めることができるために、身体に脂質が吸収されることなく、数値としてはおよそ30%の脂質の吸収を抑制させることができます。
体内に吸収されなかった脂質に関しては、そのまま便と共に体外へ排出されます。
脂質とはカロリーが高く、燃焼しにくい性質を持っている成分ですので、脂質のみに大きな効果を発揮できる点が注目されている要因となります。
ゼニカルを服用した効果として、吸収されなかった脂質については、ほとんどがすぐに便と一緒に排出されます。
微量の部分については腎臓に残りますが、服用をしてから3日から5日ほどの日数が経過したところで99%が体外へ排出されると考えられています。
ゼニカルは脂質のみに効果がある成分で、たんぱく質や糖質などの身体における基礎的な新陳代謝を維持するために必要とされる栄養素については通常どおりに吸収されるため、健康的にダイエットができる医薬品となります。

ですが、効果を得るために継続した服用が必要となると、気なるのはその費用です。
ゼニカル自体の値段は決して安いものではないので、続けることが難しい場合もあるでしょう。
そういった場合は、ゼニカルのジェネリック医薬品を使うという方法を選んでみることをおすすめします。
同じオーリスタットを配合しており、効果も同等ですが、値段はゼニカルよりも安くなっているのがジェネリック医薬品の特徴です。
費用に悩んでいる人にとって、ゼニカルのジェネリック医薬品は大きな助けとなるでしょう。